<< flex life bobin >>
B:RIDGE style
c0134794_0574524.jpgB:RIDGE style(ブリッジスタイル)

一発目紹介させてもらうのは、B:RIDGE style。
このバンドとの出会いはいつだろうか。
周りの仲間からずっと噂は聞いていて、ずーっと気になっていたのだけど、なかなかタイミングが合わず、初めてライブを見にいけたのは今年の4月だった。
その日は、「ARTFOOD」というB:RIDGE style企画ってのもあってか、B:RIDGEの音が出た瞬間にぶっ飛ばされた。
その瞬間で大好きになった。
こういう風に好きになる感覚って、多分理屈じゃないから、こうやって文章にすること自体難しい。
だけど、あえてさせてもらうと、今まで経験した事によって培ってきた感覚や、これから先目指すビジョンみたいなものが共有出来る様なBANDに出会った時に、めちゃめちゃ好きになるんだと思う。
さらにそのB:RIDGE styleの素晴らしさを音楽のジャンルなどで表現するのはとても難しいので、一つ大好きな唄の歌詞を紹介させていただきます。

「かつて町は今よりもっと深い場所で戦っていた
 人々は夢を持つ事も出来ず もがき苦しんでいた
 立ち上がる術を 時に過ちを すべて呑み込んでいた

  自由って何 平和とは何か 今ここで皆々に問う  」     ~peaceful mountainより

そして、もう一つ好きな唄で「Sing my song」という唄がある。
この唄は、シンプルなメッセージソング。伝えるメッセージは「Sing my song」
すべての人へのメッセージソング。
この唄に何度チカラをもらった事か。
ちなみに、この2曲はHPで視聴出来るので、是非☆
http://bridgestyle.com/

初めて見たライブの終了後、話したB:RIDGE styleのメンバーは、目をキラキラさせて次なるビジョンを語ってくれた事を今でもよく覚えている。
共に上がっていこう。



[PROFILE]
2004年12月、下北沢BASEMENT BARにて活動を始める。 当初、固定されたメンバーではなくライブごとの流動的な形態ではあったが、力強い歌の世界と、繊細でアコースティックな演奏のスタイルは各方面に評判を呼んだ。

 2005年8月には葉山Solayaにて、世界的なサーファーでもありベン・ハーパーなどとの共演でも知られるミュージシャン、 Beau Yung(ボー・ヤング)のオープニングアクトを務める。この頃から数々のライブ(年間100本以上)を精力的にこなすようになり、音楽のみならず 写真や絵画など様々なアーティストを世に問うべく、B:RIDGE style自身が主催するイベント「ART FOOD」を立ち上げる。

 2006年2月、二回目となるART FOODよりメンバーにドラムスを加え、現在のバンドスタイルにて音楽の幅をより広げ、 KEISON、東田トモヒロ等と活動を共にするようになる。

 2006年10月、ファーストフルアルバム『MY SONGS』を新たに立ち上げたレーベル、BACKPACK RECORDINGSよりリリース。 レゲエや、サーフ系の音楽、ブルースなどの要素を心地よくミックスしたサウンドはシンプルでありながらとても力強く、革新的である。

 音楽のスタイルといい、自由な制作環境をもとめるあまり自分達でレーベルを 立ち上げてしまうような姿勢といい、日本において数少ない本当の意味でのストリートミュージックを体現するアーティストと言えるのではないだろうか。


c0134794_059781.jpg


2007.11/19(mon)
@LIQUIDROOM ebis 『Hi-Life』
w/RISINGTONES,barbi
GUEST DJ : AO (DRY&HEAVY)
DJ/HOMERUN SOUND ,北島友太 (JAVA DE CAFE), WARUTA P-38(KUNITACHI YAHMAN CREW)

OPEN 17:30
ADV 3000(+1D) , DOOR3500(+1D)
PLAY GUIDE : 9/22 ON SALE!!
チケットぴあ (P-CODE:268-182) 0570-02-9966
ローソンチケット (L-CODE:32631) 0570-084-003
イープラスhttp://eee.rplus.co.jp
チケットナビ 0570-08-9999
CN 0570-08-999
GANBAN http://www.ganban.net/

主催 : HOT STUFF PROMOTION
企画・制作 : RISINGTONES / B:RIDGE style / barbi / DOOBIE
協力 : TOOS CORPORATION / DELPHONIC / BACKPACK RECORDINGS

INFO : HOT STUFF 03-5720-9999 ( www.red-hot.ne.jp )
[PR]
by spvfes | 2007-08-22 01:08 | 2007
<< flex life bobin >>